2010.4.23 Photo
b0125952_23315921.jpg
b0125952_2332141.jpg
b0125952_2358757.jpg
b0125952_23582355.jpg
b0125952_2333288.jpg
b0125952_23334732.jpg
b0125952_2334420.jpg
b0125952_2340838.jpg
b0125952_23364914.jpg
b0125952_23373194.jpg
b0125952_04539.jpg
b0125952_23391645.jpg
b0125952_23352745.jpg
b0125952_233508.jpg
b0125952_23362893.jpg
b0125952_0201596.jpg



Photo by KAYO SATO
[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-05-11 23:48
our favorite fab vol.6
終わっちゃいましたね、our favorite fab。最後のライブから10日以上経ちますが、出演バンド、DJの皆さん、お客さん、関係者の方々、本当にありがとうございました。最初は解散ライブなんてせずに…みたいなことも考えていたんですが、やっぱりやって正解でした。本当に本当にありがとうございました。

今はGW中につき実家に帰ってきてまして、ドライブしたり、墓参りに行ったり、呑みに行ったりという感じでGWを満喫しています。解散ライブまではいろいろと準備に慌ただしかったのですが、そんな時期も終わっていまはとてもゆっくりな時間です。

最後のブログ更新。というと、みんな書いている内容が濃くて、何て書いたらいいか難しいですね。ハメちゃんから言われた期限はとっくに過ぎているのですが…。がんばって書きます。

僕がバンドを6年間やってきて一番良かったと思えることは、一生付き合える仲間ができたということです。僕はズルいことをする人間というのが一番嫌いです。高校を卒業した後、大学時代、大人になっていく中でたくさんそういう人たちを見てきました。だから、自分がそうなりたくはなかったし、一緒に音楽をやる仲間にもそうあって欲しくはなかった。自分は捻くれている人間だと自覚していますが、このズルい人間にならないということは絶対に守ってきたつもりです。

だからこの6人で本当に良かった。時には喧嘩をしたり、解散話があったりもしましたが、僕が去年の後半くらいからバンドに対してのモチベーションが無くなってしまった時も、みんなが支えてくれました。駆け引きもズルさもない、でも本気で考えてくれる関係になったんだなと思いました。僕以外のメンバーは素直すぎるくらい素直なので、時々恥ずかしいくらいです。でも、そういう仲間で本当に嬉しかったのです。僕は音楽をやりたかっただけでがんばってきたはずなのに、結果的に手に入れたのはこの仲間でした。バンドが終わってしまって、今までと同じ頻度で会うことは無くなるでしょうが、この仲間は一生です。6年間本気で一緒に遊び続けてきた僕の仲間です。

本当にありがとう。

そして、音楽はずっと好きです。バンドをやめてからも、音楽とずっと一緒にいられたらいいです。変わらずに、「かっこいい音楽」を探し続けていきます。これからは聴き手ですね。

僕はもう音楽をやることは無いかもしれませんが、もしかしたら他のメンバーが続けていくかもしれません。今はまだ分かりませんが、僕ももしかしたらやるかもしれません。でも、きっともうour favorite fabをやることはないと思います。だからこそ、最後の瞬間を見届けてくれたみなさんには本当に感謝しています。大切なのはその時間・空間の「体験」だと思います。だから最後にあの場所でした「体験」というのは、あの場所にいた誰かのどこかにずっと残っていくはず。自分勝手にスタートしたはずの、僕らの音楽を選んでくれたことに感謝します。


最後に…写真で振り返るour favorite fab。僕の仲間を紹介します。

b0125952_2246597.jpg
b0125952_22471098.jpg
b0125952_22475841.jpg
b0125952_2248634.jpg
b0125952_2249352.jpg
b0125952_22494825.jpg
b0125952_22501412.jpg
b0125952_22502191.jpg
b0125952_2250309.jpg
b0125952_22503958.jpg
b0125952_22504716.jpg
b0125952_22511419.jpg
b0125952_22532711.jpg
b0125952_22534210.jpg
b0125952_22535184.jpg
b0125952_2254152.jpg
b0125952_2385199.jpg
b0125952_239347.jpg
b0125952_2391322.jpg
b0125952_22541312.jpg
b0125952_22542474.jpg
b0125952_22544253.jpg
b0125952_22473258.jpg
b0125952_22545621.jpg
b0125952_2255727.jpg
b0125952_22551714.jpg
b0125952_2255278.jpg
b0125952_2255388.jpg
b0125952_22554879.jpg
b0125952_22555641.jpg
b0125952_2256511.jpg
b0125952_22561750.jpg
b0125952_22562865.jpg
b0125952_22564268.jpg
b0125952_22565245.jpg
b0125952_22572841.jpg
b0125952_22574158.jpg
b0125952_22575249.jpg
b0125952_2258346.jpg
b0125952_22581553.jpg
b0125952_22582789.jpg
b0125952_22583744.jpg
b0125952_22584696.jpg
b0125952_22585775.jpg
b0125952_2259724.jpg
b0125952_22591758.jpg
b0125952_22592777.jpg
b0125952_22594188.jpg
b0125952_22595382.jpg
b0125952_2301112.jpg
b0125952_2302530.jpg
b0125952_2303783.jpg
b0125952_2304830.jpg
b0125952_2305937.jpg
b0125952_2311442.jpg
b0125952_2312436.jpg
b0125952_2313524.jpg
b0125952_2314328.jpg
b0125952_23153100.jpg
b0125952_232315.jpg
b0125952_2321286.jpg
b0125952_2322163.jpg
b0125952_2323240.jpg
b0125952_2324111.jpg
b0125952_232503.jpg
b0125952_233172.jpg
b0125952_2344533.jpg
b0125952_2345992.jpg
b0125952_235118.jpg
b0125952_2352274.jpg
b0125952_2353726.jpg
b0125952_2354571.jpg
b0125952_2355411.jpg
b0125952_236105.jpg
b0125952_2361878.jpg
b0125952_2363039.jpg
b0125952_2364154.jpg
b0125952_2371794.jpg
b0125952_2372740.jpg
b0125952_2381324.jpg
b0125952_2382321.jpg
b0125952_2383219.jpg
b0125952_2392218.jpg
b0125952_2393078.jpg
b0125952_2393886.jpg
b0125952_2394619.jpg
b0125952_22475131.gif
b0125952_22505630.jpg
b0125952_2251545.jpg
b0125952_22495768.jpg
b0125952_2250614.jpg
b0125952_22481310.jpg
b0125952_22482278.jpg
b0125952_22482985.jpg
b0125952_22483941.jpg
b0125952_2365522.jpg
b0125952_237889.jpg
b0125952_2384099.jpg
またいつかどこかで!!
[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-05-05 22:51 | Koichiro Oda
our favorite fab vol.5
our favorite fabという6年間のバンド活動が終了しました。
皆様お疲れ様でした、そしてありがとうございました。

遅くなりましたが最後のROBA×novena来ていただいた皆様、出演してくれたFARON SQUARE、AAPS、RIDDIM SAUNTER、 no moneyDJs、関係者の皆様、そしてイベントを一緒に立ち上げたROY、FABメンバーのみんなに最大級の感謝を。

最後ライブ2本は断片的にしか記憶にないです。
1曲1曲を精一杯歌い、曲の完成した頃や何度、何所で歌ってきたかなどを思い返しながら、1曲たった数分の中様々な想いが交錯し走馬燈状態でのライブでした。
楽しかったにはかわりないですが、未だまだ僕らは続くんじゃないか、いや、終わりなんだという喪失感のほうが勝ってしまいました。
そうはならないよう心構えていたにも関わらず、FABを立ち上げた張本人であるが故の想い入れがそうはさせてはくれませんでした。

今では、バンドが無くなり抜け殻になってます。
気がつけばまた頭の中で新しい歌を考え出したりしてしまうのがもう癖になってるんですよね。



僕もみんなにあやかって素晴らしいチームour favorite fabのコトを書かせて頂きます。



Bass/小田 晃一郎
元々は高校の後輩で、当時は違うバンドでベースを弾いてました。
その頃からすでに地元のベース群の中では秀でていたと思います。
演奏が上手いのはもちろんですが、彼の1番の才能はセンスかと。
彼が札幌に来ると聞いて是非一緒にバンドをやりたいとまっ先に思い、誘ったのがFABの始まりでした。
ヒネクレていて、クレバーで、常に何歩も先を考えている。
時に考えているかと思いきや何も考えていないことも。笑
僕らの作曲は前述されてる通り彼から生まれた曲に僕が歌をのせる手法です。
本気で泣きそうになるくらい悩んだ事もありますが、それは彼の最高な曲を台無しにしたくはないという責任からの苦悩からでした。
だから仮でもメロディーができれば夜遅くに原チャもしくは、ハメを巻き込み車をふっとばし小田家に向かったこともありました。
それはまっさきに小田に聞かせたい一心、
とても勉強になったし、最高の遊びでした。

今まで全てを任せてすまなかった。リーダーとして、抱えるものは相当なものだったと思うし、犠牲にしてきた部分もあると思う。
メンバー一同その負担を半分担ごうという話もしていた、
しかし結局、オダの負けず嫌いな性格と、運営する要領の良さ、僕らには出せないオダのアイディアに頼りきりになってしまった。
こうゆう時一番に助けてあげるべき人間は彼を誘った俺だったと思った。

いつかまたどこかのバンドで、ポーカーフェイスでベースを弾いてる彼を見るのが今の僕の望みです。
b0125952_1193396.jpg

ありがとうリーダー!


Vocal/梶原 史帆
彼女もまたファブの初期メンバー。ファブの見所であり、良きライバルであり、親友です。
出会った頃は僕が恐かったみたいですが、今では時々本田と吐き捨てたように呼ばれる時があります笑
曲を作る上で、常に彼女が活きるよう構成してきました。なのでサビの主旋はシホでメロの主旋は僕でなど、おかしな曲が多かったと思います。
レコーディングの時などは常にへこまされました。正確なピッチでほぼワンテイクな彼女を見て、噴気させられること必至。
だから僕の向上心は止まらなかったのだと感謝してるんだけどね。
バンドを組み始めた頃から今まで、ずっと隣で歌ってきたからわかる彼女の成長
歌唱力と魅力、ボーカリストとして一番欲しいものが彼女の最大の武器になり、いつの間にか頼もしいボーカリストになっていました。
これからも、歌はやめないでほしい。やめるべきではない。今度は僕ではない誰かが作り出すメロディーでオリジナルのボーカリストとして
たくさんの人達を魅了してほしいと思う。
そんな親心で応援しています。
b0125952_1211041.jpg

ありがとう相棒!



Synthesizer/水野 拡
彼は高校の同級生で1番付き合いが長い友人です。
以上。
とまぁ、そんな感じでいいよね笑
昔を振り替えると、毎日のように彼の家に行ってはエスカレータレコードの話しや歌を歌って遊んでましたね。
そんな仲だからこそ、僕らがシンセを入れたいとなった時にヒロムなら僕らの要求ややりたい感じを1番理解してくれるんじゃないかと誘いました。
結果一緒にできて良かった。彼がいたから、僕は常にバンドが楽しかったのかもしれない。
それは高校からの付き合いだから織り成す、文化祭の準備期間のワクワクに似た感じを常に与えてくれた。
だから考えに詰まりすぎずフラットな状態で取り組めたんだと、そう思います。

全部ウソですが。
b0125952_1213195.jpg

ありがとう千原Jr.!




Guitar/高橋 基
ファブ最年長&裏番長。天敵は親玉(濁り酒)。
初期ファブメンバーのギターが居なくなったとき、彼にオファーして本当に良かったと思っているし、
ハメが加入した事により本当のファブが動き始めたんだと思っています。
ファブの後期はハメに引っ張られ救われた部分が多々ありました。
ダテに最年長じゃないというか、波瀾万丈な人生を歩んだからこそ滲み出る懐の深さと言葉ではなく行動で、情熱溢れる舵取りで僕らを立て直してくれました。
今ではバンドが終わりただのおっさんだと本人はぼやいていますが、入った頃の控えめなハメさんが今では作曲もし、メンバーをまとめてしまうまでになったのだから、
今度はハメさんメインのバンドも観てみたいななんて思います。
ギターを弾いてる時のハメは本当にカッコいい、様々な音楽ジャンルを経て確固たる自分のルーツを潜ませながらのPopギタリストだなと。
音楽がギターが(時々釣りが)本当に好きなんだなとライブ中隣でいつも感じていました。
大阪ライブの道中、一緒に事故り死にかけた仲だからこそ、結束は硬いと僕は思っています。
b0125952_1214892.jpg

ありがとうおっさん!




Drums/三浦 剛志
ファブの最後に加入したメンバー。本当に根っからのドラム好きです。
たくさんのバンドを掛け持っているけど、そこはやはりプロとして僕らの望み通り、それ以上のドラムを叩いてくれた事によって新しい僕らの一面が現れました。
タケシが加入してくれたから、1stアルバムOUR SCENERYを世に生み出す事ができたし、遠方にも遠征してライブをやれたんだと感謝しています。
タケシは他にもMEN☆SOULや吉田兄弟というもの凄いアーティストの後ろで、バンドの心臓としてドラムを叩いています。
ファブがなくなってからも引き続き、みなさん応援よろしくお願いします。その支持がやがて彼をドラムマガジンの表紙を飾るまでのプロドラマーへと導きます。
b0125952_1244993.jpg

ありがとうタケスィー!



最後に僕はour favorite fabを立ち上げ6年間ファブのボーカルとしてステージに立たせて頂きました。
僕は会話やコミュニケーションの中で何かを伝える事が得意ではありません。おまけに、精神的にも脆い人間です。
僕が書いてきた詩を振り返れば前向きで挑戦的で、現実身のある詩がほとんどです。
それはきっと僕自身が弱くて、こうなりたいという希望。
人間はみんな弱いからそういった目標ないし、手本的なものを掲げて自分という個を保っていると思って
こんな詩を書いていたんだと振り返りました。
ファブの曲調は相反してポップで聞きやすい。
リスナーにとって歌詞の意味などは二の次だと思いますが、僕はたくさんのアーティストの歌詞に励まされ人生も変わっていきました。
地元帯広でHi-Standardを好きになり、riddim saunterの前身バンドを観てバンド人生が始まった。
Scaful king,super stupid(LOW IQ 01),BACK DROP BOMB,HUSKING BEE,BRAHMAN,,,etc に憧れを抱き、擦り切れる程AIR JAMのビデオを観た。
ファブを結成し、がむしゃらに前だけを見据え走り続けた。そして憧れの人達と共演し、僕らの楽曲を世に残せた。
何気ない歌詞の一行や、焼き付いた姿それは今でもずっと色褪せる事なく居続け、これからも在り続けるのだと思います。
そんな夢を見せてくれた最高のメンバーに感謝をしています。

音楽は終わらない。

またどこかで!ありがとうございました!

b0125952_1235994.jpg

[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-05-04 01:28 | Tetsuya Honda
our favorite fab vol.4
こんばんは!しほです。
ブログを書くなんて、いつぶりかなぁー。
昔はね、書いてたこともあったんだよ。

みんなのブログを読んでると、いろんなことを思い出します。
わたしがファブになってからもう六年目なんだと思ったら、
ときが経つのははやいなぁーと思う。
わたしは、友達の紹介でこうくんとてっちゃんにマックでであったのだよ。
その時のてっちゃんは怖かったです笑
こうくんから『こんな感じのやりたいんだー』と言われて、
一枚のMDをもらったんだけど、その中に入ってたのがriddim saunterのフラッピン。
すごいかっこよくて、わたしもこんなのやりたいなーって思った。
それが、わたしのバンド人生の始まりでした。

ファブはわたしの生活の大部分を占めるもので、それがなくなった今はちょっとぽっかり
穴があいた感じ。でも、良い形で終われて本当によかったなぁー。
ファブはなににも変えられない素敵なものでした。

わたしはうたうことが大好きだから、また絶対歌いたいし、
みんなにも聴いてもらうことが出来るように頑張ります。
ので、歌うことがあったら見にきてください!

メンバーには感謝です。こうくん、てっちゃん、はめさん、ひろむさん、たけしくん、
本当にありがとう!わがままな小娘ですみませんでした!

またいつかみんなで出来ることがあったらいいなぁー。

ファブに関わってくれた全ての方、本当にありがとう!

see guys!

vocal 梶原 史帆
[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-05-02 00:32 | Shiho Kajiwara
our favorite fab no.3
fabのブログに登場するのは初めてですね〜。

ども!!
ドラムの三浦剛志です。

何を書くか全然浮かばないので、とりあえず自分がfabに入ったいきさつをちらほら書いていきます。


————ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あれは2年くらい前かな?
当時組んでたバンドを脱退した俺は、ほかのバンドのサポートを務めながらもどこか心が
ポッカリ空いた生活を送っていたんだ。

そんなある日。

仲良くさせて頂いてるライブハウス「bessie hall」に理由もなくフラっと足を運んだんだ。

そこでPAをやっている友達に「ドラム探してるバンドあるんだけど、やってみない?」
と、聞かさせたバンドが・・・・

our favorite fab!!!!

聞いたときは衝撃が走ったね。
札幌にもこんなイカしたバンドがいたとは・・・!と。

もう二つ返事でオーケーしたさ!!

で話を聞いてくとはめ以外みんな帯広だってんだからビックリ。
コウ君は保育所と中学同じやし。共通の知り合いとか結構いたな。


運命か!!!


そんな感じでfabのドラムとしての活動がスタート。

あ、ちなみに。
最初サポートメンバーして活動するって話だったけど、巧みな話術で騙されアー写を一緒に撮ってしまい、晴れて正式メンバーになってしまったのはいい思い出。


とまぁ!
たけし加入秘話は他にも色々あるんですが・・・


書くのメンドイから辞めます。



メンバー紹介します

guiter:はめ ーーーーーーーーーーーー

最年長三十路のおっさん!!
fabで一番優しいやつ!!
ユニバーサルスタジオは本当にいい思い出!!
「ら」行が言えない!!

vocal:しほ ーーーーーーーーーーーー

紅一点でよく頑張った!!
大阪の飛行機乗っといてよかったな!!
本当に歌が上手い!!
「ナ〜↑ハ〜↑ハ〜↑」って笑う!!

synth:ひろむ ーーーーーーーーーーー

実は同じ専門学校だった!!
けどヤツは公務員!!
一番アホトークしたな!!
スラムダンク返しにいくわ!!

bass:コウ君 ーーーーーーーーーーーー

nice眼鏡!!
たまに凄いおもろい事言うよな!!
よく喧嘩したな!!
リーダーお疲れさん!!

vocal:てっちゃん ーーーーーーーーーー

うちの母ちゃんがなんか覚えてるって言ってたぞ!!
最初顔似てるって言われてたな!!
けどお互い太ったな!!
正直あなたが一番掴めなかった気がする笑


our favorite fabとして活動してたのは2年くらいしかないけど、本当に濃ゆ〜い経験させて
いただきました。

みんなは音楽やめちゃうのかな?
できるなら辞めないでほしいすね。

自分は辞めるっつたらボコられちゃうんで、このまま音楽人生を突っ走って行きます!
fabのみんなも応援してね。ライブ誘うから来てね。


・・・よし!!



では!!

このへんで!!

皆さんまた会いましょう!!!

さよなら、さよなら、さよなら


drums: takeshi miura
[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-05-01 19:35 | Takeshi Miura
our favorite fab no.2
こんばんわ。
全国のour favorite fabファンの皆様いかがお過ごしでしょうか。

皆さんご存知の通りour favorite fabは先日解散いたしました。
正直なところその事実に対してまだあまり実感を持てていないのですが、バンドを振り返りつつ自分にけじめをつけるために最後にblogを書きたいと思います。 吟じます。


僕もハメさんと同じく途中参加組でバンドに入ったのは就職して間もない2005年5月末だったと記憶しております。
それまでは高校の同級生・後輩であるてっちゃん・小田が組んだバンドだということでただのお客さんとして毎回欠かさずライブを見に行って感想を言ったりダメ出しをしたりしてました。
多分僕はオリジナルメンバー以外でfabの全てのライブに立ち会った唯一の人間だと思います。
そんなある日てっちゃんからバンドに入らないかと連絡がありました。
僕はかつて200万円の高級布団を売りつけられた非常に騙されやすい人間なので今回もイタズラじゃないかと疑いましたが彼は本気だったのです。

高校生の時にscafull kingに憧れてトロンボーンとトランペットに一瞬手を出したぐらいでピアノが弾けるでもなくコードも全く知らない自分が何故誘われたのか??それは未だによくわかっていません。

ともかくワケが分からないままmicro korgをレンタル支給されてスタジオに入った。
というのが僕のour favorite fab加入のいきさつでございます。


それから約5年間いろんな事がありました。

憧れであり1ファンだったNiw! RecordsからCDが出せました。
色んな街でライブが出来てたくさんの出会いをくれました。
ビンテージシンセをたくさん買いました。
大好きなBOOWYのコピーバンドができました。
お父さん、お母さん。金髪にして大変申し訳ありませんでした。


このバンドがなければ僕はただのひきこもりのゲーマーだったと思います。

てっちゃん・しほ・小田・ハメさん・たけし今まで本当にありがとう。
それぞれにメッセージはありますが恥ずかしいので今度こっそりメールしますね。

僕らを応援していただいた皆様、支えていただいた皆様、ありがとうございました。


our favorite fabというバンドは僕の青春です。
b0125952_4242041.jpg


Synthesizers&moodmaker:ミズノヒロム
[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-05-01 04:35 | Hiromu Mizuno
our favorite fab
2010年4月23,24日をもちまして、僕らour favorite fabは解散いたしました。
出演者、関係者、お客さんには感謝の気持ちでいっぱいです。


FARON SQUARE、AAPS、RIDDIM SAUNTER、NO MONEY Dj's、たかひろさん。
"ROBA×novena-final-"に出演いただきありがとうございました。

ここまで自分たちが成長できたのも皆さんの協力あってのことだと思っています。
皆さんの活動をこれからも見守り、さらなる活躍を期待しています。
僕たちのホームである札幌にもまた足を運んでくださいね。


一緒にイベントやってきたROYにも感謝。
仲のいい親友とこんなイベントできちゃうなんて贅沢です。
最後のイベントだったけど、音楽を通じて、洋服を通じてここまでリスペクトできる
年下の男はこいつだけだと思います。
目標,月1で旭川遊びに行きます(笑)


そして、fabのみんな本当に今までありがとう。
最後なんでバンドメンバーのことを書こうと思います。


Drums 三浦 剛志-------------------------------------------------

大阪ライブ後、USJに男2人で行ったのは忘れないね(笑)
不眠で行ったもんだから、ジュラシックパークの順番待ちで2人して立ちながら寝てたな。

ドラムが趣味ってくらいのドラム好き。そして、曲のアレンジや構成に関してもストイックだった。
バンドマンって言葉が一番似合うやつ。
家に遊びに行ったとき譜面とギター、ベース、ドラムセットとスティックが転がってた。
fab以外にもドラム叩いてて大変だったと思うけど、ほんとにドラマーとして有名になってほしい。
いつかドラムマガジンの表紙飾ってください。ライブ誘ってね。


Synthesizers 水野 拡--------------------------------------------

楽器担当というより、ムードメーカー担当。
こいつがいるのといないのとではfabのイメージは相当変わっていたと思う。

最初のリハで会った時の印象では、絶対仲良くなれないと思ったけど、
ただ単に人見知りだったと後で言われた。

いろんな注文つけて腹立ったかもしらんけど、君のパフォーマンスに
期待していたということで許してください。みんなそれだけ君のことを愛しています。


Vocals 梶原 史帆--------------------------------------------------

出会った頃はまだ学生だったしほも今では立派な社会人ですね。
そして、リハ、ライブ、レコーディングで歌うしほの歌声は時が経つにつれ進化していったね。

始めてfabのリハに参加した時は,しほの歌ばっかり聞いてた。メッチャうまいと思って。
ピッチの正確さはレコーディングで実証されていたし、これからも歌い続けてほしいです。

男5人の中に女1人でバンドやっててきつい時もあったと思うけど、リハには必ず一番最初
に来てた。家から一番遠いのに。たまに遅刻してごめんね。
また俺のギターで歌ってほしいです。そんな機会があったらよろしくー。


Vocals 本田 哲也--------------------------------------------------

fabでは一番付き合いが長いし、よく遊んだ。よく財布とケータイをなくした。

バンドに対する思いは一番強かったんじゃないかな?
音楽に対する情熱をすごくもってるし,いい音楽を発見したら真夜中でも電話してきた。

僕らのバンドは、曲アレンジを固めてからてっちゃんに歌メロを
丸投げするという残酷な仕組みになっているところがあって、彼はよく頭を抱えてた。

その度に電話がきて、車でドライブ。
車内でリハ音源の無限リピートをしながら札幌市内を徘徊するというところまで発展した(笑)

でも、いつもいうように楽器を使わずあれだけキャッチーな歌メロ、
Vocalアレンジをつけれるのは天才だと思ってます。本当に。

曲に完成した歌メロがのる瞬間が一番最高だった。みんなニヤニヤしながら演奏した。

バンドの顔としてプレッシャーは相当あったと思う。
ライブの打ち上げに関して言えば一番がんばった!(笑)
いろいろ経験させてくれてありがとう。また、朝風呂行こう。


Bass リーダー 小田 晃一郎---------------------------------------

自分が思う典型的なAB型。
1つのことに集中していると思えば、いつのまにか違う方向にいっちゃってるみたいな。

作曲もほとんど小田のアイディアからきてるし、その頑固さと、
いい意味での変態さが曲に表れていたと思います。

最初の頃は、機械みたいに正確な人間だなと思った。
ベースのリズム感、ライブでの安定感にしろ結果がすべてみたいな。

要はベースがうまいってことです。

でも、時を追うごとにつれ、バンド内で一番不器用なやつだと思った。
人間臭さがでてるというか。

小田とは似ている面もあれば、全く正反対なところがあって逆に付き合ってて面白かった。
結果、年の差を超え今では親友です。


最後に自分のことを。---------------------------------------------


バンドは6年間の活動でしたが、僕がバンドに入ったのは1年目を迎えたころでした。
そのころのことを僕は今でも鮮明に覚えています。


今の会社に入社し、半年過ぎたころだったか。
仕事を終え、買ったばかりのCDラックにCDを入れていたときに1本の電話が入りました。

電話の主は本田哲也。同じ専門学校を卒業してから半年ぶりの会話でした。


彼は今組んでいるバンドのギターが辞めてしまうので、
ヘルプという形でよいからギターを弾いてほしいというのです。

専門学校時代にてっちゃんと遊びでバンドをしていた時期があり、
今のギターが辞めるとなった際に僕を誘おうと思ったらしいのです。


話を聞くと、そのバンドはオリジナル曲でやっていて、
3週間後にはライブも控えているというのです。

正直あまり乗り気はしなかった。
僕はバンドを組んでいたことはあっても、オリジナル曲をやったこともなければ、
ライブの経験もない。


でも、おもしろそうだと思った。

ギターは高校生の頃から始めて、周りと音楽の嗜好が合わなかったり、
バンドのメンバーが集まらなかったりで、
家で悶々と好きなアーティストのライヴ映像を見て真似してギターを弾いていた。

"バンドを組んでライブがしたい!"

そんないたずら心がてっちゃんからの電話で蘇ったのだろうと思います。
僕はバンドのヘルプという形で、てっちゃんの誘いを受けました。


バンド名は”our favorite fab”


あの1本の電話から5年経ち、今こうしてブログを書いています。
思い起こせば自分の人生はめぐり合いに恵まれている。


中学時代にBOOWYでバンドのカッコよさを知った。

高校時代にPANTERAを聴いて、こんなギターサウンドを出したいと思った。

その後、グランジ、オルタナティブの洗礼を受けて,もっともっと音楽の歴史をさかのぼろうと思った。

fabに加入してからは、現在進行形の音楽を聴きワクワクしっぱなしだった。


その背景には、そんな素晴らしい音楽を教えてくれる友達がいた。


僕はこれから死ぬまで音楽を聴いていくし、ギターも弾くでしょう。
それを気づかせてくれたのが”our favorite fab”です。


このバンドメンバーで終われて良かった。



そして、ファンの皆さん。6年間応援していただいき本当にありがとうございました。
またいつの日か会う日まで。

b0125952_2381585.jpg


Guitars 高橋 基-----------------------------------------------------------------
[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-04-30 02:46 | Hajime Takahashi
ROBA×novena TEE
b0125952_21355992.jpg
ROBA×novena TEE

Color : Black
Size : S, M, L
Body : American Apparel
Price : 2,500yen

Design by Taqya Furukawa(marble shake chocolate)

4/23(fri) "ROBA×novena -final-"にて販売いたします。

[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-04-20 21:42 | Goods
LIKE A MUSE
ROBA×novenaまであと1週間となりました。
各メンバー最終調整に向け、奮起しております。

myspeaceで新曲をupしましたが、僕らの
最後の曲は僕が作らさせていただきました。

いつもは曲アレンジを固めてから、てっちゃんに歌メロを
丸投げしてましたが、今回はギターと歌で完成形までもってきました。
いい曲だと思います。是非、myspaceで聴いてみてください。

今日は久しぶりの休みを満喫できました。
体調も万全!このまま突っ走ります‼
[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-04-16 17:18 | Hajime Takahashi
帯広!
b0125952_0591346.jpg
b0125952_0592293.jpg
帯広もなんかすごいことになってます!笑

サンキュー、拓也さん!

帯広にこのフライヤーが撒かれています!
[PR]
# by ourfavoritefab | 2010-04-15 01:01 | Koichiro Oda


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

-PROFILE-



our favorite fab are...

Hajime Takahashi : Guitars
Shiho Kajiwara : Vocals
Takeshi Miura : Drums
Tetsuya Honda : Vocals
Hiromu Mizuno : Synthesizers
Koichiro Oda : Bass

__________________

-LIVE SCHEDULE-

8/23(sun) at Sound Lab mole
9/11(fri) at Sound Lab mole
9/13(sun) at cube garden
9/14(mon) at 帯広 MEGA STONE
10/3(sat) at BESSIE HALL

TICKET HERE
__________________

-NEW RELEASE-



■2009.06.24 on sale
V.A. "FIVE ON THE MOVE"

収録アーティスト(A to Z)
AAPS
asphalt frustration
enie* meenie
Fed MUSIC
FRESH OFF the CRADLE
he
our favorite fab
Riddim Saunter
the chef cooks me
Wednesday

__________________

-DISCOGRAPHY-

V.A. "FIVE ON THE MOVE"


7inch “FAR SCENE / VOX POP(TA-1’s Bassline Remix)”


1st ALBUM "OUR SCENERY"


V.A. "Niw! Collection"


SPLIT MAXI "LATETHINGS"


__________________

-GOODS-

T-shirt


__________________

-LINK-

MYSPACE
Niw! Records

__________________